よくある質問

レッスン内容や、スタジオに関する質問

スタジオの場所が分かりません。

岡山市北区昭和町4-4のハレピカスタジオと言う場所になります。
JR岡山駅より徒歩5分です。お車でお越しのお客様は近隣にコインパーキングが多数ございますので、ご活用ください。分からなければ、スタジオまでお気軽にお電話下さい。

TEL

050-5215-0589(講師 スエヒロ)

086-250-6708(ハレピカスタジオ)

どんなレッスンをやっているんですか?

OGSのギターレッスンは決まったカリキュラム等はなく、生徒様それぞれの希望に応じてさまざまな内容のレッスンを行っております。例えば、「エレキギターで速弾きが上手くなりたい」と言ったご希望があれば生徒様が納得いくまで重点的に速弾きに関するレッスンを行ったり、「この曲が弾けるようになりたい」と言った希望があればその曲が弾けるようになるまで一緒に練習をしたりしています。初心者~上級者まで必ずご納得いただけるレッスンをさせていただきます。

教材などはありますか?

ご入会の際にご購入いただく教材や資料などは一切ありません。生徒様のご希望やレッスンの内容などによって講師が教材として資料や音源などを個別に作成させていただく事がありますが、基本的にはこちらも無償で提供させていただいております。また、生徒様がお持ちの教則本や楽譜、音源など持ち込みでのレッスンも可能です。

レッスンには何を持っていけばいいですか?

ご自分のギターをお持ちでしたら、持ってきていただけると幸いです。基本的なレッスンではそれ以外にご用意いただくものは特にありません。

自分のギターを持っていないのですが、それでも大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。もちろん、ギターを家で練習できるほうが良いですが、レッスン内ではスタジオのギターをお貸し致します。エレキギターとアコースティックギター両方ご用意していますので、まずはスタジオに手ぶらでお越し頂ければと思います。

楽譜が読めないんですが、それでも大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。今おられる生徒様も最初は楽譜が読めない方も多数いらっしゃいました。レッスン内で楽譜の読み方からレクチャーさせて頂きます。

TAB譜は読めるんですが、五線譜が読めないです。大丈夫でしょうか?

はい、大丈夫です。特に生徒様からのご希望がない場合は、レッスン内では基本的にTAB譜を扱うことがほとんどですので、五線譜が読めなくても特に問題はございません。

TAB譜とは何ですか?

「タブラチュア譜」と言って、指で押さえる弦やフレットなどを数字で記載しているギターの演奏に特化している五線譜とはまた違った楽譜のことです。初めは困惑されるかもしれませんが、慣れてしまえばギターを演奏するうえで非常に便利です。

レッスン時間はどのくらいですか?
通常60分です。ご希望により2コマ連続でご予約いただく事も可能です。
短期間(1か月のみ等)のレッスンでもOKですか?
もちろん大丈夫です。レッスンは1か月単位からスタートできます。
退会や休会に費用がかかりますか?
いいえ。退会や休会等で発生する費用はございません。
体験レッスンだけで入会しなくてもいいですか?
はい。体験レッスンだけお越しいただくのもOKです。無理な勧誘等は一切致しませんのでお気軽にお越しください。
アコースティックギターコースへの入会を検討しているのですが、エレキギターのレッスンは受けられないのでしょうか?

いいえ。生徒様のご希望により、エレキギター、アコースティックギターどちらのレッスンもご受講いただけます。両方のコースにご入会頂く必要はございません。

ギターのことや、レッスン内容に関する質問(コース共通)

これからギターを買おうと思っているのですが、どんなものを買えばよいのかわかりません。相談に乗っていただけますか?

もちろんです。用途や、予算などに合ったアイデアをご提案させて頂きます。スタジオにも何本かギターをご用意させて頂いておりますので、実際に弾き比べて頂いて参考頂くこともできます。

エレキギターとアコースティックギターの違いを教えて下さい。

アコースティックギターとは、ギター中央のサウンドホールと言う穴から振動を増幅させて音を出すギターです。主に弾き語りや、ソロギター(単独での演奏)で使われることが多いです。

エレキギターとは、振動を電気信号としてアンプ(スピーカー)に送って音を出すギターです。主にロックやバンドの演奏などで使われることが多いです。

楽器屋さんで色んな弦が売ってますが、どれを買えばよいのかわかりません。

エレキギター用/アコースティックギター用、安価なものから高価なもの、そして細いものから太いものまで様々なものが売っていますね。基本的にはエレキギターにはエレキギター用、アコギにはアコギ用の弦を張ってください。お値段に関してはご予算やお好みにもよりますが、500円~800円程度のものが一般的に広く使われています。

弦が切れてしまいました。そのままでも大丈夫ですか?

弦が切れてしまったら、交換する必要があります。お近くの楽器屋さんや、インターネットなどを通じて購入できます。安価なものだと200円程度のものもあります。

弦の変え方がわかりません。教えてもらえますか?

もちろんです。レッスン内で実際に弦交換をしているところをお見せすることもできますし、生徒様は講師に直接ご連絡いただければレッスン外でもLINEやメールなどで交換方法をレクチャーさせて頂いております。

ギターケースはどんなものを買えばよいですか?

基本的にはギター購入時にはソフトケースが付属することが多いのでそのまま使っていただいても問題ありませんが、ご購入される場合には、自分の交通手段や用途に合ったものをお選びいただくのがオススメです。徒歩や自転車などで移動されることが多い方はソフトケース、車での移動が多い方はハードケースがオススメです。(見た目がカッコイイかどうかも重要です!)

エレキとアコギはどっちが難しいですか?

自分がどう言うプレイスタイルを目指すのか、どう言った曲を演奏するのか、と言うところで変わってきますので一概にどちらが難しいとは言えません。ただ、ギターに慣れないうちはアコースティックギターのほうがエレキギターに比べて弦やネックが太いものが多いのでコードなどを押さえる際に音が綺麗にならなかったり指が痛くなったりすることはあります。

ベースはギターとは違うんですか?

違います。ベースは一般的には太い弦が4本張ってあるギターより低い音を担当する低音楽器です。(中には弦が5本のものやそれ以上のものもあります。)アコースティックベースや、ウッドベースと呼ばれるものもありますが、一般的にはエレキベースが広く普及しているように思います。

当スタジオにもエレキベースを1本常備してありますので弾いてみたい場合にはいつでもご相談ください。

アコースティックギターコースでよくある質問

弾き語りが出来るようになりたいです。教えて頂けますか?

もちろんです。レッスン内で歌いながらギターを弾くコツなどをレクチャーさせて頂いております。また、OGSがギターレッスンを行っているハレピカスタジオでは「ボイストレーニング」のレッスンもございますので、歌唱面でより技術を磨きたい方は、興味がありましたらそちらもご検討いただければと思います。

ピックで弾いている人と指で弾いている人がいますが、どっちがいいんですか?

演奏スタイルや、曲のジャンルなどによっても変わってきますので一概にどちらが良いとは言えません。どちらから始めた方がいいと言うことも特にありませんが、自分がどういう曲を演奏したいのか、どんなプレイヤーを目指したいかなどご相談いただければ喜んでアドバイスさせて頂きます。

クラシックギターとフォークギターはどう違うんですか?

どちらも「アコースティックギター」の一種ですが、音色や構造、用途が異なります。

クラシックギターとは、ガット弦やナイロン弦を張ったギターで主にクラシックの演奏やラテン、フラメンコ、カントリーをはじめとする音楽に使用されています。フォークギターより柔らかく丸い音が出るのが特徴です。

フォークギターとは、スチール弦を張ったギターで、フォークソングをはじめ、ポップスやロックなど広く使用されています。一般的に「アコースティックギター」と言うとこちらを連想する方が多いのではないでしょうか?

当スタジオでは、フォークギターを2本常備しております。(2019年2月現在)

エレアコとはなんですか?

アコースティックギターにエレキギターのような電子回路を搭載したギターで、アンプやスピーカ―につないで大きな音を出すことができます。他の楽器とのアンサンブルやレコーディングの際に便利です。

当スタジオでもエレアコは常備してありますので、弾いてみたいと言う場合にはいつでもご相談ください。

エレキギターコースでよくある質問

ストラト、レスポール など聞いたことがありますがどう言うものですか?

どちらもエレキギターの一種です。

ストラトタイプはシングルコイルと呼ばれるピックアップ(ギターの音を拾うマイクのようなもの)が3基搭載されていて、ビブラートをかけることが出来るトレモロアームと言う器具がブリッジに搭載されています。レスポールと比べて鋭く繊細な音が特徴です。

レスポールタイプはハムバッカ―と呼ばれるピックアップが2基搭載されていて、ストラトより大きくて太い音が出ます。ストラトに比べて丸みを帯びた外観が特徴で本体もストラトより重たいものが多いです。

当スタジオにはストラトタイプが常備してあります。レスポールタイプもご要望に応じていつでもご用意させて頂けます。

アンプとはなんですか?

ギターからの信号を増幅してスピーカーから音を出す機材です。家庭用の小さなものからライブステージ向けの大型ものなど様々なものが販売されています。

アンプは買った方がよいですか?

ご自宅で練習される際には出来ればあった方がよいかと思いますが、レッスンの際には当スタジオにもアンプは常備してありますので無理にご購入いただかなくとも問題ありません。

アンプの使い方がよくわからないです。教えて頂けますか?

もちろんです。アンプの使用上の注意点や、アンプを使った音作りのコツなど何でもアドバイスさせて頂いております。

エフェクターとは何ですか?

エフェクターとは、ギターの音を変える機械です。アンプとギターの中間に接続して使われます。音を歪ませたり、音程を変えたり、残響を加えたり様々な効果のものがあります。ギターを演奏するうえで必須なものではないですが、持っていると音作りの幅が広がりギターを弾くのがさらに楽しくなること間違いなしです。

当スタジオでもご要望があれば色んなエフェクターをご用意させて頂けますので、お気軽にご相談ください。

一例 :ディストーション、オーバードライブ、イコライザー、ワウペダル、ワーミー(ピッチベンド)、ディレイ、コーラス、リバーブ、その他アンプシミュレーターやマルチエフェクターなど

エフェクターの使い方がよくわからないです。教えて頂けますか?

もちろんです。OGS講師のスエヒロはエフェクターが大好きなので、今までにもたくさんのエフェクターを使ってきましたし、私物としても多く所有しておりますので非常に専門的かつマニアックなレクチャーも可能です。

コンパクトエフェクターとマルチエフェクターの違いを教えて下さい。また、どちらを買ったらよいですか?

コンパクトエフェクターは、基本的に1つの効果しか持たないエフェクターで1台で音作りの全てを完結することは難しいです。しかしそれ故に1つの効果に特化したものなので音質は高品質なものが多いです。本体も小さく、値段も比較的安価なものも多いです。

マルチエフェクターは、一般的に使われるエフェクターの機能を一通り網羅しているので1台で一通りの音作りを完結することができる非常に便利な機材です。しかし多機能ゆえに1つ1つのエフェクトの音質はコンパクトエフェクターに及ばない場合もあります。(それでも近年のマルチエフェクターは非常に高音質なものが増えました。)本体は大きく、値段もコンパクトに比べてやや高価なものが多いです。

どちらが良いかは、目的や好みによってはっきり分かれます。人によってはマルチとコンパクトを組み合わせて音作りをする人もいます。まずは、自分の作りたい音色や目的などをお気軽にご相談いただければと思います。貴方に一番合ったシステムプランをご提案させて頂きます。

ゆがみとは何ですか?

歪み(ひずみ)と読みます。アンプの許容範囲を超えた音量を出した場合に起きる「音割れ」している状態の音を「歪んでいる音」と言います。音割れしていると言うとあまりいい印象を受けないかもしれませんが、現代のエレキギターには必要不可欠な音色となっています。所謂エレキギターの「ジャーン!」というかっこいいあの音が歪んでいる状態の音です。

○○さんのような音が作りたいのですが、上手くいきません。相談に乗っていただけますか?

音作りのご相談は大歓迎です。スエヒロ自身、ギターを始めた当初から大尊敬しているギタリストの音色に近づくために寝食も忘れて音作りに没頭していた時期がありました。貴方のギターから憧れのギタリストのあのサウンドが出せるよう精一杯レクチャーさせて頂きます。

アドリブが弾けるようになりたいです。かっこよくアドリブが弾けるようになるコツなど教えてもらえますか?

はい。スエヒロは10代の頃から実際にジャムセッションやギターバトルなどを通じてアドリブでの演奏を数多く経験してきましたので、必ず貴方がアドリブをかっこよく弾けるようになるまでレクチャーさせて頂きます。また、ある程度アドリブの知識が身について来た生徒様は実際にスエヒロとレッスン内でセッションしたりもしていますので、実際のアンサンブルの経験を通じてアドリブの技術を身につけていくことができます。

スケールが覚えられません... 簡単に覚えられるスケールや方法とかがあれば是非教えて頂きたいです。

お教え致します。初級編として「ペンタトニック」と呼ばれるスケールがありますが、とてもシンプルかつ覚えておくととても便利です。そして、一見難しそうな上級編のスケールの多くも実はとてもシンプルな法則に基づいて覚えることができます。無料体験レッスンの中でもこの一部分をお教えさせて頂けますので是非一度お気軽にお越しください。

速弾きが全然出来ません... コツとか教えてもらえますか?

もちろんです。トリルやタッピング、スウィープやフルピッキングなど様々な奏法を確実に習得するための練習方法などをレクチャーしています。

作曲や、録音に関する質問

ギターを使って曲作りをしたいと思っているのですが、作曲のやり方なども学べますか?

はい。スエヒロはギター講師とは別に作曲家/編曲家としても活動しておりますのでギターを使った作曲のレクチャーもレッスン内でさせて頂けます。また、OGSがギターレッスンを行っているハレピカスタジオでは「DTM」のレッスンもございますので、DTMを使ったより本格的な作曲技術も学べますので、興味がありましたらそちらもご検討いただければと思います。

自分のギターの演奏を録音したいのですが、可能ですか?

可能です。当スタジオはDTMソフト(Cubase)を使ったレコーディング環境を完備しているので、実際にレッスン内で自分の演奏を録音することができます。

『弾いてみた』動画を投稿したくて、自宅で録音がしたいのですが、やり方がわからないので教えてもらえますか?

お教え致します。録音環境の準備から録音方法、ミックスや編集の技術までレッスン内で丁寧にレクチャー致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする